11月8日午後2時からBS-TBSで三船敏郎主演の日本海大海戦を観た

日本兵とロシア兵の激戦地「203こ高地」、信じられないほど多くの戦死者を出した。ロシア側の旅順要塞守備兵力は35、600名、これをを攻囲した日本軍は延べ12万名、戦闘期間は155日だったが、旅順開城の時点で日本軍の死傷者は約6万、ロシア軍のそれは3万であったという。これまで何度か観た映画だが、今日観て感じたことは日本兵の尊い6万人の犠牲によってロシアのバルチック艦隊を撃破できたのではないだろうか。
以下テレビ映画を観ながらデジカメで撮影した写真を添付投稿した。

1CIMG3052
2CIMG3057
3CIMG3059

5CIMG3065
4CIMG3060
6CIMG3062
4CIMG3064
7625b188-s
8f38ddbc-s