気のむくまま日記

気のむくままメインブログ 飛ぶおおるりサブ 思いのままにサブ Windowsの機種はメインブログ の掲示板をご利用ください

パンダ

路面凍結で子供ら夫婦来られず~

正月2日目は箕面・京都・奈良に住む子供ら夫婦が路面凍結で来られず老夫婦で正月を過ごす6時御雑煮とお節で朝食を済ませた。今日はテレビを観たり音楽をを聴いたりし乍らパンダのストラップ造りで楽しむ

ningyo2

双子のパンダ誕生 和歌山白浜町のアドベンチャーワールド

12月8日月曜日6時起床。今日の朝一ニュースはパンダの話題です。

 日本に初めてジャイアントパンダがやって来たには1972年。日中国交正常化を記念して中国からカンカンとランランが東京の上野動物園に贈られた。ここまでは常識だが、今から1300年前に早くも日本は日本はパンダをもらっていたという説がある。日本書紀の中に、唐の女帝である則天武后がパンダのつがいと毛皮70枚を日本に贈ったと読める。述がある、ただし原文はトナカイやヒグマを指しているとの見方もあって真偽は定まっていない。クマの仲間で肉食が強いはずなのに主食はタケ。難かと謎の多い動物だが先週うれしいニュースがあった。和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで、双子の赤ちゃんが誕生した。 以上は今朝の毎日新聞の余禄より転記した。

 以下の記事は12月8日本経済新聞Web刊より転記した。

 
和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は3日、雌のジャイアントパンダの良浜(14歳)が双子の雌の赤ちゃんを産んだと発表した。いずれも体重約180グラム、体長約20センチ。7月に雄の永明(22歳)との交尾が確認されていた。


 双子の名前は公募で決める予定。一般公開の時期は、母子の様子を見ながら今後検討する。

アドベンチャーワールドによると、母子ともに健康。良浜は2日午後8時半ごろ1匹目を出産。口でくわえて持ち上げると早速授乳し、1匹を抱きかかえたまま同11時半ごろ、2匹目を出産した。

 永明は人間なら60代後半。今回の双子を含め、2000年以降に誕生した14匹のうち13匹の父親で、アドベンチャーワールドは「自然交配ができ、ここまで繁殖の能力が高い雄は世界的にみても珍しい」としている。
 
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG03H2K_T01C14A2CC0000/

歌声サロンA-HA-HAで7人カラオケ
歌声サロンA-HA-HAで7人カラオケ
ギャラリー
  • SOFTBANKで待ち合い客に教わる
  • メタセコイアの木
  • コンビニエンスストアの弁当で朝食
  • “純化路線”で再出発
  • 朝食はお茶碗一杯
  • ぐっさん島めぐりを観ながら夕食
  • ぐっさん島めぐりを観ながら夕食
  • 弁当5個
  • 昼食は弁当
カテゴリー
  • ライブドアブログ