虫の居所がわるい・虫が好かない・虫が納まる等。人の体には虫がいて、心身にさまざまな影響を及ぼすという考え方は、中国の道教の「三尸(さんし)の虫」に由来する。

 
 もともと体内に寄生した線虫が未発見の胃がんに集まっていたことから研究がすすめられた。体長約1ミリの線虫ががん患者とそうでない人の尿のにおいを識別できることが分かったという九州大学などのチームの研究である。虫は患者の尿に好んで近寄るという。  3月13日毎日新聞の余禄を一部抜粋 以下省略…

f5f69_648_c1685f30
線虫の写真 九州大学提供 

 URL: http://news.livedoor.com/article/image_detail/9878055/?img_id=8064685